ETCカードのエラーがでたら

ETCカードだけ持って料金所に行けば、料金後払いということでカードを利用することはできます。

ETCカードの後払いという部分はカバーできますが、せっかくの割引が受けられません。

ただし、車載器を使わないと割引にならないので、現金で支払うのと同様の金額がかかります。

割引を受けるためには車載器にカードをさして、無線通信を行う必要があります。

車載器のエラーが出ることもあります。

エラーが出たら、レーンから出て料金所脇の管理事務所へ出向くのがルールです。

精算処理などを受けてから出ます。

ETCレーンで精算を行わないまま突破してしまったら、各高速道路会社へ連絡することになります。

そのまま放置してしまうと、不正通行ということになって、料金未払いの扱いになり、後日連絡が入るようになります。

電話などでも連絡ができるので、料金を支払う手筈を整えましょう。

場合によっては後続車などもあり、バックすることがままならないこともあります。

さしたと思っていたカードがきちんとささってなかったり、専用ゲートが使用不可になってしまったりすることも。

一番大切なのはあわてないこと。

そして係り員の指示に従って行動することでしょう。



Both comments and pings are currently closed.